求人広告に掲載したが応募が来ない….大切なのはなぜ応募が集まらないか分析し、改善する事!
ただ、やみくもに改善しても意味がありません。
「サイト管理画面」や営業などから渡される「アクセスレポート」から、数字を読み解きどこが悪いのかしっかり把握し、効果的な改善を行う事で、しっかり効果を出して行きましょう。
※「管理画面」閲覧アクセスレポートが無い場合は担当の営業に確認してください。

「求職者の応募までの流れ」求人サイトのユーザーはどう動く?

上記は求人サイトユーザーのサイトを訪れてから応募までの流れです。

多くの求人サイトユーザーは、まず求人サイトのTOPページから
①働きたい職種あるいは、地域を選択、またはその両方を選択します。
選択された「職種」「地域」の募集一覧ページに移ります。
②一覧ページを閲覧し、気になる募集情報をクリックします。
各募集情報の詳細ページに移ります。
③詳細ページ閲覧後、応募するか、他の案件を探すか判断します。

応募が来ない場合、まず、この流れの中どこが悪いのかしっかり把握する事が大切です。

応募が来ない理由を明確にする3つの数字!

まず、チェックしなければいけないのは「一覧ページの表示回数」です。何人の求職者が、貴社の一覧ページを閲覧したか?と言う数字になります。
求人サイトにより呼び方が異なり、バイトルでは「一覧アクセス数」マイナビバイトでは「一覧画面総PV数」となります。

次にチェックしなければいけないのは「一覧ページのクリック率」です。
閲覧した求職者がどれぐらいの割合で、クリックし詳細ページに移動したのかという数字になります。遷移率やCTRと呼ばれる事もあります。
一覧ページの効果の判断に有効な数字です。

もう1つの大切な数字が「応募率」です。詳細ページを閲覧した求職者の内、何人が応募したかという数字になります。
転換率やCVRと呼ばれる数字となります。詳細ページの情報の評価・効果を判断する数字です。

応募が来ない時は、まず「一覧ページの表示回数」「一覧ページのクリック率」「応募率」閲覧し、なぜ応募が来ないのかを原因を明確にしましょう。

POINT 01. 募集はしっかりは見られてる?「一覧ページの表示回数」をチェック!

あたり前の事ですが、募集自体が見られていなければ応募は来ません。
人気職種や条件が特別いい場合は別ですが、しっかり応募数を集める為には、最低でも掲載期間内に1000回以上の表示される事が必要だと考えています。
表示回数が少ない要因としては、

①掲載した求人サイトの、掲載した地域、職種カテゴリーにユーザーが集まっていない。
②他掲載募集に埋もれてしまっている。

の2つが考えられます。
①の場合は長期に掲載する、職種カテゴリーを見直す、オプションで募集地域を広げる等、対策が立てられます。
②の場合は上位プランに切り替える、タグやキーワードで入り口を増やす事で対応しましょう。

掲載プランやサイトのユーザー数の影響が強いのがこの数字です。
掲載前に選択プランが何ページ目に表示されるのか、掲載カテゴリーがどれぐらい表示されているのか事前に確認するのが一番の対策です。

POINT 02. 「一覧ページのクリック率」次第でキャチコピー、画像の変更を!

一覧ページのクリック率は原稿次第である程度上げる事ができます。
クリック率を上げる為に重要なのがキャッチコピーと掲載画像!!
多くの案件の中で、まず、求職者が目を止める事が大切です。

働く魅力は「給与」「仕事内容」「条件」「勤務地」「仲間」「経験」などたくさんあります。
クリック率が悪い場合、貴社ターゲットが興味を持てる貴社の魅力が、キャッチコピーと画像でしっかり伝わるものかもう一度見直しましょう。
同プランで掲載されている差別化するのもクリック率を上げるのに有効です。

条件や職種にもよりますが、原稿次第で3%までは伸ばせると考えています。

POINT 03. 「応募」を上げるポイントは情報量?!

最終的に求職者が応募するか否かを判断る最終チェックの場が詳細ページとなります。
求職者は、

  • 一覧ページで魅力で感じた事の確認
  • 一覧ページで抱いた不安点の払拭
  • 条件の最終確認
  • 他案件の比較

等の為、詳細ページを閲覧します。
情報をできる限り具体的に、求職者の立場になり掲載する事で、応募率は上がります。
応募がたくさん来ても、採用に至らなければ意味がありません。しっかり事実を伝えましょう。

まとめ

  • 効果不良時は、応募が来ない理由を明確に!
  • 「表示回数」「クリック数」「応募率」から改善の対策を立てよう!
  • クリック数を上げる為にはまず、画像とキャッチコピーの見直しを!
  • 面接率を上げるには詳細ページの情報量を増やそう!

例え、応募が来なくても諦める必要はありません。
広告は確率論です、しっかり原因を分析し効果を出せよう改善する事が大切です。

弊社では、求人のプランや原稿の出し方の他、応募対応についてのご相談も受け付けております。
貴社の採用活動をより良いものにできるようお手伝いいたします。
下記よりお気軽にお問い合わせください!