タウンワーク・バイトル・マイナビバイト・an/LINEバイト、アルバイト求人サイトもたくさんあります。どの求人サイトが一番、採用確率が高いのか?ご掲載するアルバイト求人サイト選びのコツをお教えします。

POINT 01. 職種・エリアの広告「広告の表示回数」が応募数を決める!

掲載する求人サイトを選ぶ中で、大切になるのが広告の表示回数です。
「何人のユーザーに御社の募集広告が見られるか?」が応募数、営業数に大きく影響します。
時給や条件等にもよりますが、クリック率や応募率は原稿や掲載画像によって大きく変わります。
単純にサイトパワーや、ご掲載職種に対する求人サイトの優劣をつける場合、掲載予定の職種・エリアの表示回数が判断基準となります。

タウンワークやバイトル、マイナビ、an、LINEバイトと大手アルバイト求人サイトは日々TVCMなど大体的なプロモーションを行っております。プロモーションの効果でサイト全体にはユーザーは集まっていますが、効果の面で考えるのであれば、ご掲載カテゴリーに採用ターゲットをどれだけ集められているかが大切です。
判断する際は、ご担当の営業に職種・エリア・同プランの表示回数を聞いてみてください。プラン選びの参考にもなります。

 

POINT 02. キャンペーン次第でコスパが変わる、キャンペーンで選ぶ!

どのアルバイト求人サイトも時期事にお得なキャンペーンを実施しております。
「新規ご契約で2週間掲載延長」「今なら50%OFF」「リピーター様1枠サービス」等、サイトによってキャンペーンも様々。
できるだけお得なプランで、掲載する事が採用確率をあげます。
例えば、カテゴリー表示回数が少ないサイトでも、上位に表示する事で表示回数が多いサイトよりも効果が上がる場合も珍しくありません。お得なキャンペーンは決められた予算で最大限の効果を上げる最大のチャンスです。募集案件に合うキャンペーンを是非利用しましょう。

お得なキャンペーン情報はこちらから

 

POINT 03. 採用できるかどうかの判断はやはり実績?求人サイトは事例で決める!

求人サイト選びの判断の際は、同エリア、同職種の事例を確認してください。

各求人サイトは、職種・エリア・学生や主婦などのターゲットによって効果が出やすいエリア、職種、ターゲットが違います。
テレビCM等のプロモーションの戦略や、カテゴリーの掲載案件数によって効果が変わってくるためです。
たくさん求職者が集まるサイトでも、どんなに良い機能がついていても、求めるターゲットがいなければ仕方ありません。

また、サイトによっては応募は集まる反面、中々採用に至らない等が起こりえます。
あくまで事例ですので参考程度ですが、応募数・面接数・採用数の傾向を事前に把握しておく事も必要です。

掲載時の予想人数も明確になるのも事例を聞くメリットです。
掲載プランで、どの程度の応募が予想されるのか、採用が予想されるのか、あらかじめご担当の営業と擦り合せる事で失敗を防ぐ事ができます。
オープニングや高時給の場合、効果が高まります。事例聞く際は、その事例の条件等もしっかり聞くようにしてください。

掲載事例はこちらから

 

POINT 04. 営業次第で効果が変わる?効果の出せる営業の見分け方!!

アルバイト求人サイトの場合、実は営業が原稿を作るの場合が非常に多いのです。
専門の制作が作る場合でも、営業が原稿の方向性を決め、ディレクションを行います。
そのため、効果を出すためには、営業の制作スキル、ディレクションスキルが大切になります。
大手サイトの場合、どのサイトもプラン選びを間違えなければそれなりには閲覧されます。後は、営業、制作の腕次第!!

さて、どう効果出せる営業か否かを見極めたらいいのでしょうか?
ここでは見極める方法を3つご紹介します。

1つ目は過去の営業が担当した案件を聞く事です。どのような募集で、どのようにターゲットに対し、どのようなポイントを打ち出したか、結果はどうだったのか、是非聞いて見てください。
成功事例をもっている営業は、採用のノウハウを持っています。しっかりノウハウを持っている営業にお願いしましょう。

2つ目は募集業界・業種・地域の市場に対する知識があるか確認する事です。
特に採用難易度が高い職種や、地域では競合に勝たなければいけません。募集職種の応募状況や、他企業の募集条件、募集地域の採用難易度等分かり、その状況に対し、しっかり対策を立てられる営業が効果を出せる営業です。

3つ目は分析力です。いい原稿を作れたとしても、どうしても応募が来ない場合があります。
現在ほとんどの求人サイトは原稿の書き換えができるようになっています。「なぜ応募が集まらないのか」を要因を分析し、特的し、改善策を出せる事が求められます。分析力があるか確かめるためには、営業が担当する案件の話を聞いて見てください。
結果は勿論、どのような施策を行ってその結果が出たのか、結果に対しどのような施策を行っているのか聞いて見てください。
印象の良い、自分とコミニケーションの取りやすい営業を選ぶ事も大切です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
たくさんある求人サイトの中、最適な求人サイトを選ぶだけでも一苦労です。
求人サイト選びの判断材料として「表示回数」「キャンペーン」「事例」「営業のスキル」
をご活用ください!
求人サイト選びにお悩みでしたら、是非弊社のスタッフにご相談ください!